昔から虫歯にならない体質の私が大人になっても子どもの歯

昔から虫歯にならない体質の私。
小学校の頃は虫歯ゼロの賞状をもらって嬉しかったのを覚えている。
虫歯にならないのを良いことに、歯医者にいくことは5年に1度ほど。
歯石を取ってもらう程度でした。大丈夫だろうと夜歯を磨かないで寝る日もしばしばあった。

20代後半、歯がしみたり歯茎がはれるようになり、
これはヤバイかな?と歯医者へ行くことに。
住む場所が2~3年に一度は変わる生活をしていたので行きつけの歯医者はなく、住んでいる近くに行っていた。今回は丁寧に歯のレントゲンに加えMRIも撮ってもらった。

「あれ、子どもの歯がありますね」
なんですと!?
大人の歯がはえずに子どもの歯のままの人は時々いるようで、私もそのひとりだったようだ。
私は1本だけですんだが、中には何本も子どもの歯のままの方もいらっしゃるようです。
気をつけなければいけないのは、40代以降。
歯茎は年々下がってきてしまう。大人の歯であれば根っこがしっかりしているが、子どもの歯は大人の歯に比べ根が細い。歯医者さんいわく、50代でこどもの歯が残っている人を見たことがない。今からインプラントや差し歯になることを見越して資金を貯めておいた方が良いでしょうとのこと!!
インプラントはおおよそ40万円程あれば良いでしょうとのこと、、、
車1台買えるじゃないか。

そして、いまある歯を大切にと。
子どもの歯ではなかったが
夜歯を磨かないで寝てしまうぐーたら生活がたたり虫歯が1本ありました。
少し削るぐらいかと思いきや、奥の方まで侵食されていたようで頭が割れそうなくらいガリガリ削られました。今までは歯石を取る程度は痛いとか不快感はなかったのですが、生まれて初めて歯医者が嫌だと言っている人の気持ちがわかりました。
けっこう削られたので、そこは銀歯になってしまいました。
それからは毎晩かかさず歯を磨いています。
そろそろ検診にいかねば!

追伸、親知らずは1本は抜いたのだが他の場所は根っこが神経ぎりぎりのところにあるようで、抜くのが難しく大学病院に行った方が良いのだとか。今は奥歯が痛くなることはなく助かっている。親知らずは部分麻酔で抜いた。ちゃんと麻酔きいて抜かれている時は口を開けておくのが辛かった程度で気付けば抜けていた。麻酔が切れるまでは口の開け閉めが難しく、うがいしようとすると横から水がたれる、、、。
私の場合は後で大きく晴れることや痛むことがなく助かった。
親知らずは親を大切にしていないと痛むそうなので、親孝行沢山して、親知らず対策につとめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です