昔から虫歯にならない体質の私が大人になっても子どもの歯

昔から虫歯にならない体質の私。
小学校の頃は虫歯ゼロの賞状をもらって嬉しかったのを覚えている。
虫歯にならないのを良いことに、歯医者にいくことは5年に1度ほど。
歯石を取ってもらう程度でした。大丈夫だろうと夜歯を磨かないで寝る日もしばしばあった。

20代後半、歯がしみたり歯茎がはれるようになり、
これはヤバイかな?と歯医者へ行くことに。
住む場所が2~3年に一度は変わる生活をしていたので行きつけの歯医者はなく、住んでいる近くに行っていた。今回は丁寧に歯のレントゲンに加えMRIも撮ってもらった。

「あれ、子どもの歯がありますね」
なんですと!?
大人の歯がはえずに子どもの歯のままの人は時々いるようで、私もそのひとりだったようだ。
私は1本だけですんだが、中には何本も子どもの歯のままの方もいらっしゃるようです。
気をつけなければいけないのは、40代以降。
歯茎は年々下がってきてしまう。大人の歯であれば根っこがしっかりしているが、子どもの歯は大人の歯に比べ根が細い。歯医者さんいわく、50代でこどもの歯が残っている人を見たことがない。今からインプラントや差し歯になることを見越して資金を貯めておいた方が良いでしょうとのこと!!
インプラントはおおよそ40万円程あれば良いでしょうとのこと、、、
車1台買えるじゃないか。

そして、いまある歯を大切にと。
子どもの歯ではなかったが
夜歯を磨かないで寝てしまうぐーたら生活がたたり虫歯が1本ありました。
少し削るぐらいかと思いきや、奥の方まで侵食されていたようで頭が割れそうなくらいガリガリ削られました。今までは歯石を取る程度は痛いとか不快感はなかったのですが、生まれて初めて歯医者が嫌だと言っている人の気持ちがわかりました。
けっこう削られたので、そこは銀歯になってしまいました。
それからは毎晩かかさず歯を磨いています。
そろそろ検診にいかねば!

追伸、親知らずは1本は抜いたのだが他の場所は根っこが神経ぎりぎりのところにあるようで、抜くのが難しく大学病院に行った方が良いのだとか。今は奥歯が痛くなることはなく助かっている。親知らずは部分麻酔で抜いた。ちゃんと麻酔きいて抜かれている時は口を開けておくのが辛かった程度で気付けば抜けていた。麻酔が切れるまでは口の開け閉めが難しく、うがいしようとすると横から水がたれる、、、。
私の場合は後で大きく晴れることや痛むことがなく助かった。
親知らずは親を大切にしていないと痛むそうなので、親孝行沢山して、親知らず対策につとめます。

過労には気をつけ、すぐに歯医者に行くべきだった

まだ学生の頃、私がやっていたアルバイトは合計4つでした。映画館と居酒屋とビラ配りとティッシュ配りのアルバイトを掛け持ちしていて、本当に一日中何の予定も入っていない休日は、8ヶ月間ないような状態です。その時に左奥歯の親知らずが痛みだしました。
歯医者に行こうにもそもそも時間がなかったので、その内治るだろうと放置していたその時の私は、10日後にはかなり後悔することになります。しっかりと休息をとれていなかったせいで私は過労気味になっていて、親知らずと歯茎の間にぽっかりと出来ていた穴に食べかすが詰まり、それが腐ってきてしまったのです。もうダメだ、到底眠れない、というところまで来て、やっと大学の授業をサボっていった歯医者では、「よくここまで我慢したねえ」と医者の呆れた声。これはもう抜歯して歯茎も切らなければならないかもしれない、とのことでした。何でもいいからこの痛みを何とかしてくれと思い、とにかく親知らずは抜歯してもらうことにしたのですが、周囲の歯茎がひっついて取れないので切り取らなければならない、ということになったのです。
麻酔を何本も打って、抜くにも抜けない歯をどうにかして取ったあと、自分の口の中から強烈な匂いがするものが出てきて大ショックです。気がつかなかったけれど、きっとその頃の私は口臭もあったはずです。麻酔が効いている内は、とにかく良かったと安心して、もっと早めに歯医者に来るようにとの注意にも素直に頷いて機嫌よく帰ったのですが、その後が大変でした。
麻酔が切れたのです。
昼に歯医者にいって夕方、姉が帰ってくる頃には私は床の上を転がって泣き叫んでいる状態でした。勿論処方された痛み止めは飲んでいたのですが、本当にあれは痛み止めだったのか!?と思うくらいに激しい痛みがありました。もう痛くて痛くて、左の頬がもげるのではないかと思ったほどだったのです。それほど強烈な痛みを感じたことは初めてだったので、痛みを逃がすためにどうすればいいのかも知らず、ただ床の上を転げまわって泣き叫んでいました。可哀想なのはそれをずっと見て居なくてはならなかった姉です。泣き叫ぶ家族をどうすることも出来ず見ているのは辛いですよね。思い出してもあの時の姉には同情します。
過労は免疫力や体力を低下させるために、本当に全身に影響があります。それ以来、とにかく過労には気をつけること、歯は痛みを感じたらすぐに歯医者に行くことを誓い、実行しています。その後出産も経験していますが、それよりも絶対、腐敗した親知らずを抜いた後の方が痛かったです。

元歯科衛生士が見てきたタバコと歯周病の関係

タバコは百害あって一利なしということをよく聞きます。全身の健康に対してという点でもそうですが、もちろんお口の健康に対してもそれは例外ではありません。
私は歯科衛生士という職業に従事してきました。いろんな方のお口の中を見て、その方その方に対してのベストな治療法や予防法を考え、指導してきました。
その中でもタバコを吸う方の多くは、あまり症状が出ないタイプの歯周病になっていることが多かったです。
歯周病とは歯茎に炎症が起こり、出血し、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の間の溝が深くなり、進行していくと歯を支えている骨までも炎症反応により溶かしてしまい、歯を支える骨がなくなっていき、最終的には歯がぐらぐらして抜け落ちてしまうという怖い病気です。
最近ではそれが、お口の中だけに留まらず、心疾患などの全身的な病気まで引き起こすと言われています。
そんな病気ですが、初期症状が歯茎からの出血なので、異変に気づいてすぐに歯科医院で適切な処置を受けて、セルフケアをしっかり行えば進行せずに治すことができます。
タバコを吸わない方は、その出血という症状に驚いて、比較的早い段階で歯科医院へ来られます。
ですが、タバコを吸っている方は、その初期症状が出にくい傾向にあるのです。
なぜかというと、タバコは全身の血行不良を引き起こす物質が含まれています。
お口の中も同じで、血行不良になっている状態の方が多いです。
なので、普通は炎症反応として出血が起こってくるのですが、それが起こりにくいことになります。
その結果、かなり進行した段階にならないと本人の自覚症状がでないのです。
自覚症状が現れた時にはすでに歯を支えている骨が溶けてなくなり、歯がぐらぐらしてからという段階になっている場合が多いです。
そうなってくると治療法も歯を抜いたりせざるを得ない時もあります。
虫歯ではないのに、歯自体はとてもきれいなのに、歯を抜かなければならないなんてとても悲しいことです。
そして、患者さんによってはその治療の説明を聞くと歯科医院へ行くのをやめてしまう方もいます。
そうなるとますます症状は進行し、痛みが出たり、歯がポロっと抜け落ちたりしてしまうのです。そしてあわててまた歯科医院へ通うという患者さんがいます。
私はそういったケースを何回も目の当たりにしてきました。
歯周病で歯を失うリスクがものすごく高くなるという危機感を持って、喫煙者の方はもう一度自分の健康を考えてほしいと思います。

念願のインプラントすぐさま歯科に運ばれました

私は小学生の時に急な坂を自転車でノンブレーキでくだって、途中で自転車が壊れ、顔面から道路に落ち、前歯を1本根こそぎ持ってかれました。
すぐさま歯科に運ばれましたが、まだ小学生ということもあり、抜けた歯をもう一度戻し、残った歯と金具で支え合い元の状態に戻すという治療を受けました。
そのときは見た目は完全に戻り両親も私も一安心でした。しかし、そのとき歯科医からはもって10年、10年もてばいい方ですと言われました。10年先のことなんてそのときまた考えればいいやぁと思いました。

しかし中学高校と年齢が上がり、顔も歯も成長していきました。もちろん一度抜けた歯は神経が死んでいるので成長するはずもなく、その歯だけはどんどん置いていかれました。気付いた時には周りの歯よりあきらかに短く、色も青っぽく変色していました。

しかし、人に指摘されることもないし、何も困ってないし、そのままでいっかと何もしませんでした。

そしてついに事件は起きたのです。

大学生になった私はファストフード店でアルバイトをはじめることになりました。この頃の私は周囲から背が高いし綺麗で羨ましいとよく言われるような感じでした。だから接客もとても自信を持ってすることができていました。

そんなある日、ふと私のレジに並んだ50代くらいのおじさまから「お姉ちゃん美人なのに、歯が残念だね〜」と言われたのです。
その時は笑ってごまかしましたが、そこから私の人生は激変しました。人に歯を見られたくないと思うようになり、いつも笑う時は口元を抑えるようになりました。同時に差し歯やインプラントについて調べる日々が始まりました。

しかしどう考えても親に協力してもらわないと私のバイト代だけでは踏み切れない金額でした。そこで、私は意を決して両親に今回の出来事を話しました。すると、両親はこんな日が来るとは思ってたよと理解してくれました。

その日から数年後今度は残っていたもう1本の前歯もグラグラしてきたのです。これはもう限界でした。

そして私は大学を無事に卒業し晴れて社会人に。その就職の祝いとして、父が私のコンプレックスだった歯をインプラントにするためのお金を出してくれたのです。しかも完全に抜けてしまった歯はインプラントに、となりの少しぐらついていた歯も抜き、セラミックという歯に。トータルで40万以上でした。

その日から私は綺麗な前歯を数十年ぶりに取り戻し、同時に自信も取り戻し、前を向いて生きていけるようになりました。

子どもの頃の矯正の思い出、痛みに耐えて良かったと思えたこと

私は子どのの頃歯並びが悪かったです。

上の歯の前歯は、真ん中が空いていて、糸切り歯は両側とも、見事に別の歯と重なっていました。
下の歯は、前歯が重なっているところがあったり、隙間ができているところがあったり。
めちゃめちゃな歯並びでした。

でも、正直に言うと、子どもの頃はほとんど気にしたことがありませんでした。

隙間に舌を入れて、楽しんでいたくらいです。

ですが、親は気になったのでしょう。

ある日、これからお前は歯医者に行って矯正する。歯並びを治すぞ!

と言われましたが、意味が全く分からず、ぽかーんでした。

まぁいっか、と思って、よく分からないまま歯医者に行きましたが、ここからが
大変でした。

まず、よく分からないまま3件も歯医者を回らせられました。

後で聞くと、歯並びが悪すぎて、「自分のところじゃ治せない」と言われていたらしいです。

どんだけひどかったんだ私の歯並び。

3件めにして、ようやくできる歯医者を見つけましたが、今度は恐ろしい宣告を受けます。

歯をたくさん抜くぞ、というのです。

なんでも、これから生え変わる予定の歯はすべて先に抜いてしまう、と。

さらに、口の中に歯を綺麗に並べるために、普通の人より上下2本ずつ、歯が少なくなるように
抜くぞ、と。

おそらく、口のサイズが小さかったのでしょうか。

そのまま横に並べると、収まらないよ、とそういうことのようです。

ここからが戦いでした。

歯を抜くのが好きな子どもなどこの世にいるのでしょうか。

もちろん、私は大嫌いでした。

ですが、どうやって逃れましょう。

逃げ場のない私はせっせせっせと、歯を抜くために歯医者に通いました。

ほぼ毎回泣いていました。

歯を抜くために打つ麻酔も最悪です。あれで十分痛いので。

ですが打たないと耐え難い痛みに襲われるので、泣きながらも我慢して
通い続けました。

矯正中、矯正器具を付けている時も、嫌でした。

にかっと笑うと、ぴかっと矯正器具が光ります。

「それ、なに?」と聞かない同級生はいません。

いちいち答えるのもめんどくさいし、嫌ですが、答えないと友情にヒビが入るので、
一生懸命説明します。

お陰で、いじめられたりすることはありませんでした。

どうして矯正する前の方が、歯のことなんか気にならなかったのに!
と子どもながらに考えるわけです。

でも、今になって思えば、矯正させてもらって本当によかったです。

お陰で、口をあくことにためらいがありませんし、噛みやすさも抜群です。

なにせ、歯の隙間に食べ物がすかすかと入っていくことがありません。

辛さに耐えた子ども時代の自分と、親に感謝です。

歯の着色汚れはちゅらトゥースホワイトニングを使うのが一番

以前はよく虫歯になっていました。歯医者さんは苦手でできたら行きたくないのですが、8年前に行っていたのは父と祖父の通っていた個人の歯医者さんで、治療時に手袋などはしないところでしたが、腕はまあまあ良かったです。
親知らずも3~4本抜いたのですが、器具でグリグリ抑えて抜く時が一番大変でした。
最近は歯医者さんが変わり、定期的に検診に行っていましたが、家から遠いので家の近くの歯医者さんに変えようかと思っています。
2番目に行っていた歯医者さんで扱っている歯ブラシを使うようになって、磨き残しはあるものの、虫歯になりにくくなりました。それからはずっと愛用しています。
そこの歯医者さんで前歯の神経がなくなったか何かで、前歯を削ってセラミックの歯を入れました。色も自然な色で、着色汚れも付きにくいので、ありがたいです。
着色汚れが大変付きやすく、3か月に1回は歯を磨いてもらいに行っていました。コーヒーや紅茶、お茶、ワインをよく飲むので、すぐに着色が付いて、ひどい時がありました。なので、歯医者さんでおすすめされた1000円の歯磨き粉もずっと使っています。だいぶ、着色が付きにくくなりました。高校生の時は、歯の汚れを取る消しゴムがあるので、それで磨いたり、歯にホワイトの液を塗ると歯が白く見える商品も使っていました。元々、歯が黄色っぽいので、白い歯に憧れていました。

ちゅらトゥースホワイトニングを使うことで歯の汚れも綺麗にできるのは嬉しい限りです。
朝、起きてご飯を食べる前にまず、歯磨きをするようにしています。寝ている間に細菌が発生して、磨かずにご飯を食べると細菌が体内に入ってくるからです。歯を一番に磨くとスッキリしますし、習慣になっています。
夜、寝る前には15分くらい歯磨きをするのですが、昼ご飯後は、家でいると歯磨きをしないことが多いです。仕事をしていた時は、昼ご飯後に磨いていました。1日2~3回磨いています。昼寝の前には歯を磨かないことが多いです。
娘がいて、歯がだいぶ生えてきたので、歯磨きを習慣にするようにしていますが、寝る前に仕上げ磨きをするのを忘れてしまいます。歯は大事なので、できるだけ磨いてあげたいと思っています。
歯にいいのか分からないですが、以前はよくガムを噛んでいました。できるだけ砂糖不使用のガムを選んで噛むようにしています。飴や砂糖入りのガムをダラダラ時間をかけて噛むのが一番、虫歯ができやすと聞いたことがあります。噛むタイプの甘いお菓子も好きでよく食べていたのですが、銀歯がのいたりするのが好きではないので、意識して食べないようにしています。
しっかり、歯磨きをして歯周病や虫歯のない歯で、毎日明るく過ごしたいです。

ちゅらトゥースホワイトニングで歯を清潔に守っていきましょう!

小学生時代の経験が子供にちゅらトゥースホワイトニングを使わせるきっかけに

30代になった今でこそ日々しっかりデンタルケアを行い、毎年の歯科検診でも虫歯や異常無く過ごせている私ですが、それもこれも、小学生の頃に体験した虫歯治療の辛い日々があったからかも知れません。
当時は小学5年生、それまでに軽い虫歯治療は数度行っていたものの、その時の痛みが既にトラウマになってしまい、その後歯の幾つかに痛みが再び起こり始めても、歯医者に行く決断が中々出来なかったものです。
もちろん親にその痛みがバレてしまえば強制的に歯医者に連れていかれてしまいますから、内緒にしひたすら痛みを我慢。もちろんそんな事をしていて根本的な問題の解決になる訳も無く、むしろ虫歯の症状がより進行し、やがて容易に我慢出来ない位の痛みに達してしまったのでした。
結局食事も満足に咀嚼出来ない状況となって母親に打ち明け、その翌日には最寄りの歯科クリニックの診察台の上に上がる結果となりました。
検査の結果はかなり酷いもので、確認出来た虫歯は合計5本。そのうち左下の奥歯に関しては以前削って詰めた銀の詰め物の隙間からカリエスが進行し、一部は神経に達しているという状態。当然炎症も酷く、歳甲斐も無く辛い虫歯治療がスタートしたのでした。

今ではちゅらトゥースホワイトニングを使って毎地に歯を白くするために頑張っていますし、このまま綺麗な歯をキープできそうです。
もちろん最も厄介だったのはその奥歯で、既に神経を侵し炎症している歯に対して麻酔の効果を出すには入念に注射をしなければならず、まずはその痛みと麻酔薬の苦さに耐えなければなりませんでした。
結局その歯は神経を完全に除去しなければ新たな詰め物も出来ないという事で、一旦深く削った後丁寧に神経を抜き根幹を処理。大きな詰め物を奥歯の形に合わせ嵌め込み、磨いて完全に整形するだけで合計4回の通院が必要でした。
その歯の治療が峠を越えた頃に、並行して別の軽度の虫歯治療に掛かりました。ただこちらはそれ程深いものでは無く軽い麻酔のみでOK。何とかストレス無く(前述の奥歯と比べれば、ですが)完治させる事が出来たのです。
概ねこの様な流れで虫歯の治療は進み、全ての歯の治療が完了したのは約4カ月後の事。子供ながらに随分と長く掛かったな、というのが実感です。
ただ担当の歯科医が事ある度に勇気づけてくれ治療のストレスを軽減してくれた事、また術後のアドバイスで適切な歯磨きの方法を伝授してくれた事は大きく、特に後者は私にとって後の大きな宝となったのです。
それから20年以上、基本的にその時教わったブラッシング法を守り続け、結果としてその後1本も深刻な虫歯に罹った事はありません。日頃からのケアと正しいブラッシング法は大人になってからも相変わらず大事な事だと実感させられる次第です。

子供にもちゅらトゥースホワイトニングを使わせたいと考えています。